FC2ブログ
topimage

2018-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なみだ川 - 2009.11.14 Sat

ぷんた1
ぷんたです。どうも。
霞さんは、「現在アクセスが集中しています」の壁に阻まれて、
編集がちっとも進まないので、泣き濡れているようです。
そのわりには、マル○ンハンバーグでご飯を食べています。
コンニャクはどうしたのかな?



うたあそび17(恋病~こいわずらい~) のこと

うたあそび18(クラインの壺) のこと

が書かれています K.K (11/14)




うたあそび17(恋病~こいわずらい~) のこと

uta17a00FFFF.jpg uta17-mi.jpg

ふふふ。面白かったですね!わたしもです。
霞バージョンを表に出しておいたのは、確信犯です。
「この一枚を見て、MIYAKOさんから何が返ってくるかな?」
そこが興味の対象でした。
テーマ文句は、MIYAKOさんが作る際のガイドラインみたいなもので。

言葉だけだと自由すぎて、接点が薄いかなと思ったんです。
お互いが背を向けて、それぞれの世界に入り込むパターンよりも、
今回は向かい合って、カードを切る感覚にしたかった(笑)
それで少し、MIYAKOさんのハートを狙い打ちしてみました。

的は外さなかったみたいで、ニヤニヤしています。
MIYAKOさんの「返し」がそれを証明していますもの。フフフ。

最近、感じているのは、より強くお互いが影響しあったり、
相手を意識した上で「自分ならこれでいく!」と提示しあうのが、
なんというか、エキサイティングで面白いな~ということです。

自由度の高い「うたあそび」は、同じ部屋でブロック遊びをしている感覚。
「お城ができたよー」「ぼくは飛行機だー」そんな楽しさがあります。
条件が増える「うたあそび」には、かくれんぼのようなドキドキがあります。
できあがった時の喜びは、焼き上がりのお菓子を試食するみたい!
この庭は、まさしくわたしたちの子供部屋ですね。

>なんか、噛んでも噛んでも味の出る遊びだなあ
>サイト名「するめいか」に変えよっかな


では、慎んで副題をつけさせていただきます。
「するめいか ~ふたりは 肴を 探してる~」
庭なら、するめ臭もこもらないので安心です。七輪であぶってもよし。
ずいぶんとオッサンくさい子供だな!(笑)


>面白いので、作品は続きに隠して
>表はわかりやすくお題を入れてみたのですがどうでしょう?


あとから閲覧するには、この方が親切設計だと感じました(^^)
お題を出し合う時と、あとから閲覧する時では、
いろいろ勝手が違いますものね~。助かります、ありがとうございましたっ♪



うたあそび18(クラインの壺) のこと

uta-18.jpg uta18_ka1

>なんか霞さんの2枚目と「もっと続けよ!」という言葉に
>叫んでしまいそうでした!


その続きに、わたしも叫んでしまいそうでした!
今までスキップしてたのが、急にそろって駆け出した気分!
前に「一つのストーリー仕立てにしてみる」という案があったのを思い出し、
1枚目を見たときに、「これはもっと広がる」「広げなきゃもったいない!」
衝動的に思って、深く考えずにやってみたのですが。

すごーい!ですね。わたしの心は、旅に出ました(笑)


>2枚目、4枚目とも私の期待する遥か上をいっていて、

わぁ、どんなイメージを期待されていたんだろう? ちょっと気になる(´艸`)
1枚目の世界観に、ずんと打ち抜かれて心地よかったので、
2枚目は、反復してイメージを膨らませることにしました。
3枚目になって、キレイに完成された世界をあえて壊したくなり、
4枚目は、すとんと世界に穴を開ける気持ちで書きました。
5枚目にちゃんと、当たり前のように帰結しているのに、ドキドキしました。
まるで、MIYAKOさんに手の内を読まれていた気分です(笑)
エンドレス・エンドの我儘も聞いていただけて、小躍りして喜びました。


>4枚目の時はとくに、怖かったです。実は3枚目で私は
>「橋」という言葉を使おうか迷って
>(『真ん中ですれ違っても僕は橋の表 君は橋の裏』だった)
>自分の中では自然だったけど客観的に唐突に思えたので消した単語でした。
>なのに霞さんたらそれを連想させるようなお写真で、どんなに驚いたか。


こ、これは・・・
聞いたらわたしもゾゾゾとしました(笑)
何を読み取ったのでもなく、「あの世界を壊す色」として導入したのですが。
だから逆に怖いっていうか(笑)


こういうものに、没頭して携わっていると、
理屈で整理できない「何か」で、意識を補完しあうのかもしれませんね。
コワおもしろい、としか言いようがありません!!


>今回は特に言葉を主軸にしようと、連なってきた言葉を全部
>テキストに書き出して、自分の中の連想をした後に丁度いい画像を
>引っ張り出してあわせる作業だったのですが、


実は、わたしは間逆のことを(笑) 写真を引っぱって、言葉を合わせました。
それも納得です。だってMIYAKOさんが「言葉」に意志を込めていたから、
わたしは、それをする必要がなかった、ってことですよね!
うーん、絶妙のバランス。世の中、うまいこと成り立っているものです。


>なので、霞さんの早さには卒倒しそうでした!(笑)

す、すいません(笑)
わたしはあまり、時間をかけないで出すフィーリング派なのです。
時間をかけるとかえって、堂々めぐりをして失敗する性格なのです。
そうか、だから小説はよく失敗を(以下自粛)


冗談はさておいて、第一印象から素直に連想したものを、尊重してます。
「言葉をこねる」からこそ「理屈っぽくならない」よう気をつけています。
元来は、理屈屋さんなんですよ。
でも「他人の理屈語り」ほどつまらないものはない(笑) そんな事情です。


***

えーと、えーと、これで書きたいこと全部終わったかな?
工事中の時間が長くて、ご迷惑をおかけしました。
MIYAKOさんが、影でハラハラされているんじゃないかと心配です。

今日、ほんとに「アクセス不能」が何度も続いて、記事が参照できなかったり、
ほとほと困り果てながらの編集でした。では記事を閉じます。

おつきあいありがとうでした!! K.K (11/14)

うたあそび19 «  | BLOG TOP |  » わたしもすいたわ

まよいこんだ人たち

にわの住人

★霞 降夜
「White Cloth」
★MIYAKO
「さあ何から話し始めよう」

ふたりの出会いは
「うた」という言葉

"たびびと"に憧れるkasumi
"たび"に恋するmi

心のままに活動しています

あんない板

★はじめに (1)
【 ふたりの書簡 】 (56)
【 うたあそび 】 (43)
【◎うたあつめ 】 (3)
【♪うたかたり 】 (3)
【⊿うためくり 】 (2)

ふたりの足あと

一ヶ月のふたり

お道具ばこ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。