topimage

2018-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つられてkasumi - 2010.12.24 Fri

クリスマスぷんた氏

MIYAKOさん、かっこいいなぁ~。
わたしから見たMIYAKOさんは、今も変わらず・・・
壺を叩きこわしてる職人さんのイメージです。



お客さんが来ると、壺の隣でニコニコほほ笑んでいるのに、
帰るとまた、ろくろの前で「ちがーう!」と叩きこわしてる。
なんだか、それが素敵なのです。自分のために研ぎ澄まされた緊張感。

わたしは創作に、打ち込みっぱなしでは居られない人間ですが、
それは、自分でも理由を含めてよくわかっています。
打ち込み始めると、他の一切がどうでもよくなるから(笑)

常に打ち込んでたら、生活成り立たないですもんねー。あはは。

だから、創作に向き合うとやっぱり熱くなるのです。
「楽しい」と「気持ちよい」では終わらない、バトルになります。
そこに価値を感じているから、懲りずに創作を愛してる。

MIYAKOさんと話すとき、安心していられます。
真剣になることに、遠慮しなくていいっていうか。
体当たりで創作に向き合うことを、許される気がするっていうか。

創作をする人間が、他者に気をつかいたいのは、
あくまで「伝わり方」なんですよねー。中身じゃなくて。
中身に気をつかってどうする、っていう。

ボランティアじゃないもの。
「生きてる」って、自己表現だもの。
自己中心で自分勝手な、それが生きるってことだもの。
好かれるためにやってるわけじゃ、ないんだもの。

MIYAKOさんのいう「媚びない」って意識は、
わたしの中の、そういう意識とリンクしている気がします。
脳内相互リンクですね。いつのまにーーー(笑)


今年のわたしは、ことばが枯渇していました。
自分の中から出てくるものが、ほとんどありませんでした。
代わりに、私生活で峠を越えて、たくさんのものが入ってきた。

何かが欲しかった。何かが足りなかった春。
一年終える頃になって、何かが手に入った。

来年は、それを使って何かしてみよう、と思います。


ところで、この場所ですが。
去年の今頃は、冬のリェースやっていたんですね。
あれからもう一年なんて・・・早い!早すぎる!!

このまま、どちらかが気が向いた時に、
気が向いたことを書いて更新するのもいいなぁと思うし、
あんまり更新する気分じゃなければ休止の看板を出して、
「ここぞ」という企画が上がった時だけ、活用してもいいのかなー、
と、今のわたしは率直に思っています。

正直、わたしには過去ログだけでも価値あるブログです(笑)
こんなやりとり、今までやったことないですものー。

MIYAKOさんは、今度どうしたいですか。
思うところがあれば、ぜひ教えてくださいね。

ぷちリレーのお話は、軽くやりとりして終わるつもりでしたが、
想定外に展開しちゃったのが、ちょっと嬉しい誤算でした(笑)
そのうち、わたしが書けない時期に突入してしまったので、
テンポを悪くしてしまって、申し訳ありませんでした。

このままリレーするのも、ちょっと終わりが見えづらいので、
もし良かったら、いまの状態でフリーズして、
お持ち帰りさせてもらっても、よいでしょうか?

少し先になりますが、夏になる前くらいに、
「こんな夏があったら素敵だなぁ」って思いを込めて、
一気に小説化して、エンディングをくっつけたいなぁなんて。

思っています。
わぁ、長くなってしまったー。
MIYAKOさんに感化されて、いろいろ書いてしまいました。
こんなにたくさん言葉が出てきたの、久しぶりです。


霞 降夜、今年のつれづれでございました。
少し早いですが・・・ 一年間、ありがとうございました!!

ではまた。

kasumi (12/24)

牛丼の夏、日本の夏。 «  | BLOG TOP |  » つれづれmi

まよいこんだ人たち

にわの住人

★霞 降夜
「White Cloth」
★MIYAKO
「さあ何から話し始めよう」

ふたりの出会いは
「うた」という言葉

"たびびと"に憧れるkasumi
"たび"に恋するmi

心のままに活動しています

あんない板

★はじめに (1)
【 ふたりの書簡 】 (56)
【 うたあそび 】 (43)
【◎うたあつめ 】 (3)
【♪うたかたり 】 (3)
【⊿うためくり 】 (2)

ふたりの足あと

一ヶ月のふたり

お道具ばこ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。