topimage

2011-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レインボーマーチ - 2011.07.27 Wed

こんにちは!
今年もmiの好きな夏がやってきて、私の上を席巻しています。いかがお過ごしですか?

霞さん、素敵な小説をありがとうございます!
新しい記事を書くとリンクがさがるので、もっかいはっつけちゃえ

 → 「牛丼とジンジャーエールの夏。」


この企画も、結果として霞さんによって描かれた小説も、なんかすごく面白かったです。私の中で、全体のセリフ流れを考えないで、ただ相手から返ってくる言葉を待っていればいいというのは、すごく楽ちんでした。それで余計に久我に適当に喋らせちゃったので、ラストどうなるのかな~というほぼ他人ごとの勢いに乗り(すいません)、とにかく全力で面白がったという。。。
そのへんは、時間の流れや結末に向かいたかったであろう霞さんにかなり申し訳なかったのですが、小説ではうまーく色んなことを取り込んでまとめられてて、もう私が書いたことなんてどこにもないんじゃないかってくらい青春霞印がたっぷりついてて、すっごくいい小説だなあ!と素直に思ってしまったわけです。いや本当、特にちょっとぞくっとした部分が幾つかあって、ここでは書きませんが、嬉しかった。


そして、私の担当した部分を増やさずに、よく清瀬くんだけふくらませて、あんなにバランスよくできたなあと思います。たぶんそれで、久我にもぺらぺら喋らせてみたいと思ってしまったのかもしれません。
タイトルも本当にいいですね。なんか、まるで自画自賛してるみたいな感じで、これ以上ここで書くべきじゃないのかもですけれど、いつも思うのは、楽しんでいるのに、絶対適当なんかにならずに、すっごい色んなことに気づける、いい作品が出来上がるのが、本当嬉しいです。


そうですね、今度は
「どういう前提で、何が起こって、どう決着するか」
という部分を決めたりするのも面白いですね。結末へのフラグの立て方がお互い違うでしょうしね!


ごいん!と殴られるような刺激じゃなくても、こしょこしょとどこかをくすぐられるような刺激を、お互いにウフフウフフと笑いあいながら、与いあえる
そういうゆるさも持った、場所であることが、幸せです
miyako (7/26)


スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

まよいこんだ人たち

にわの住人

★霞 降夜
「White Cloth」
★MIYAKO
「さあ何から話し始めよう」

ふたりの出会いは
「うた」という言葉

"たびびと"に憧れるkasumi
"たび"に恋するmi

心のままに活動しています

あんない板

★はじめに (1)
【 ふたりの書簡 】 (56)
【 うたあそび 】 (43)
【◎うたあつめ 】 (3)
【♪うたかたり 】 (3)
【⊿うためくり 】 (2)

ふたりの足あと

一ヶ月のふたり

お道具ばこ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。